今人気の医療・福祉関係の仕事に就こう!

レクリエーションインストラクターについて!

 

 

 

      

 

 

 

 

レクリエーションインストラクターというと何か遊びの達人のようなイメージですが、様々なコミュニケーションの場に生かされる資格です。

 

 

ネット社会となった現代では、人と人とが対話でコミュニケーションをとることが難しく感じられるようになりました。特に、若い世代は人とどう接したらいいのかわからないといいます。

 

 

集団の中でなじめるようなきっかけづくりのワークであったり、目的に応じて、仲間意識、集団の中の個の主体性を引き出したりと集団をリードするような存在がレクリエーションインストラクターなのです。

 

 

受験資格は、満18歳以上で、各都道府県のレクリエーション協会が主催する養成講習会に参加し、コミュニケーション理論をはじめ、対象者別のレクリエーションワークや、レクリエーションの基礎理論などを学びます。

 

 

全てのカリキュラム修了後、資格認定審査に合格すると、申請・登録することができます。

 

 

保育士、幼稚園教諭、小・中学校教諭、スポーツ指導者といった人たちは職業柄、対象者とコミュニケーションをとっていき、集団と個の両方を見ていかなければなりません。

 

 

そのため、養成講座の参加数も多いそうです。現代の社会情勢から考えて、これから注目を浴びていく資格になるでしょう。