今人気の医療・福祉関係の仕事に就こう!

看護師資格はさまざまな基礎資格になっている!

 

 

 

      

 

 

 

 

看護師資格の取得方法は、「養成校に行って、国家試験を受けて…」 ということであまりにも一般に知られています。そこで今日は、看護師資格がさまざまな基礎資格になっていることを紹介します。

 

 

保健指導を行う保健師や、正常分娩における出産のお手伝いをする助産師は、看護師資格を取得した上でさらに1年間、専門知識を勉強し、受験することになります。

 

 

養護教諭、いわゆる小・中・高校の保健室の先生は、高校卒業後、大学の教育学部の養護教諭を目指すコースを履修してなる方法もありますが、看護師の場合、1年間の養成過程を経て、養護教諭になることができます。

 

 

同じ教職でも、看護師養成校の教師の場合は、看護師としての臨床経験が5年以上あれば、道が開けます。都道府県によって、その後の道は異なるのだそうですが、今は人手不足のため、専門学校の教員の採用試験を受け、就職してから放送大学や、その他看護教員になるための研修を受けるというケースが多いそうです。

 

 

看護師資格があれば、福祉施設で看護師として働くことは当然できるのですが、介護支援専門員として、利用者の方の相談に乗り、ケアプランを立て、より専門的に福祉に関わっていくこともできます。

 

 

介護支援専門員に関しては、実務経験5年の後、受験資格が与えられます。

 

 

今回は、病院以外の現場で働くためのものを紹介しましたが、もちろん、認定看護師や専門看護師など、看護の道を究めることもできます。

 

 

看護師資格が、様々な基礎資格になっているということは、今後、自分のライフスタイルや考え方が変わったときにも、ある程度選択肢があるということです。若い人は看護の一面しか見ていませんが、実は、看護師の資格は、とても奥深いものなのです。