今人気の医療・福祉関係の仕事に就こう!

登録販売者試験について!

 

 

 

      

 

 

 

 

かつては薬種商と呼ばれていたものが、平成21年からこの資格試験制度に変わりました。一般用医薬品は、副作用などのリスクの程度に応じて、第1類から第3類までに分かれています。

 

 

第2類と3類については、薬剤師がいなくても、販売する薬の知識を身につけた登録販売者がいれば、販売することができます。そのため、ドラッグストアでは重要視されている資格です。

 

 

受験資格は、学歴が高校卒業以上で、ドラッグストアなどでの販売の実務経験が、1年以上となっています。この実務経験は、アルバイトであっても、勤務先から、実務経験の証明書を発行してもらえれば、受験資格を満たします。

 

 

試験内容は、人体の働きと医薬品に関すること、薬事法などの関連法規、主な医薬品の作用などです。国家資格ではなく、都道府県知事が認定する試験になっています。

 

 

そのため、試験自体も都道府県単位で行われるため、共通の問題が使われているわけではありません。試験時期も都道府県によって違いがあるようです。

 

 

対策本は一般に市販されていますし、薬学検定で、登録販売者試験対策をする人もいます。合格率も都道府県によって違いはありますが、難易度はそう高くはありません。

 

 

登録販売者として、さらに実務経験を積むことで、店舗管理者の条件を満たすことになります。

 

 

これまでは、『実務経験 → 試験 → 登録』 という流れだったものが、『試験 → 実務経験 → 登録』 という流れに変更になると言われています。

 

 

いずれにせよ、ドラッグストアのアルバイト経験で、条件を満たしているのであれば、取得しておいた方がいい資格です。